あとむのポケット
ポケットって便利。何気なく大切な物をしまったり、時にはごみ箱と化したり。たまに、いれっぱなしで忘れちゃうものも・・日々の小さな出来事もとりあえず、失くさないように、まずはポケットへ入れておこう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
toranpeta sonkoloro
今日は1ヶ月間にわたって花山の自然の家で行なわれていた中国人技能実習生の入国後講習の最終日。これから、彼女たちはそれぞれの企業に配属されていく。

私は夕方、彼女たちを迎えに行って、今は23時00分の夜行バスの時間までみんなで事務所で待っているところ。

花山を出るとき、もう辺りは真っ暗だった。
出発に手間取ってモタモタしている私たちをスタッフの方たちが気にしてくれているのはわかっていたが・・・

さあ、出発!というとき、建物の2階の開け放たれた窓から、トランペットの音が鳴り響いた。

星もでていない真っ暗な山の中、ひんやりとした冷たい澄んだ空気に鳴り響く、トランペットの透明な音色。曲目は「なだそうそう」

昼間の賑やかなお見送りとは全く違う趣き。

ちょっとくたびれながら、仕事をこなすために花山へ赴いていた私の心にその音色が優しくしみ渡った。きっと、これから企業に配属されていくそれぞれの実習生の心にも何かしら届いたのではないか・・・と期待してしまう。

以前、私が居た場所で学んだことを思い出した。
それは、自分達がリーダーとなり、小学生、中学生、高校生と対象はその都度ことなるけれど、いろいろな体験をさせること。結局は、リーダーとなる自分達の勉強だけれど、最終日に参加者の感動をいかにピークにもっていって、思い出に残せるか・・・体験を体感に変えて、経験にすることなのかな。

トランペットの音色に、理屈は要りません。

私は、また明日から、しぶとく頑張る勇気をもらいました。
来月、花山へ行ったら、この気持ちを素直に伝えようと思います。
スポンサーサイト
[2011/10/30 21:52] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
ĉielarka ponto ( 虹の橋 )

昨日も、朝早く高速に乗って花山の自然の家に、出勤?だった。
私はあくまでも9時から17時までの事務員。これは「出張」ではない。
ここのところたびたび続いているので、くたびれたせいか、一人で運転しながら「片道100㌔弱って通勤圏かぁ!?」と文句を言ったり、大きな声で歌いながら、眠気をごまかしながら
行き来しているが、高速が1番眠くなるので正直怖い。事故だけは起こさないよう気を張っているのでなおのことくたびれてしまうような・・・

他の業務と掛け持ちで動いていると、どうにも余裕がなくなって、ふつふつと不満も湧いてくる。
でも・・・本当は花山に行くこと自体は結構好きな仕事。本当は高速道路もお出かけ気分になれるから楽しいし、山道も好きだし。

 そして、朝っぱらから、全く爽やかとは言えない気分のままで、自然の家に到着したとき・・・

    IMG_5129.jpg

    IMG_5131.jpg


端っこから端っこまでちゃんと見える半丸の虹。
少ししたら消えちゃったから、とっても素敵なタイミング。

慌てて車停めて、外出て眺めたら、なんだか満足。

いろいろな毎日、いろいろな時間・・・





[2011/10/27 20:10] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
denove kaŝtano kaj "lizi"  ( 栗と栗子,再び )

去年のことが先週のことのように感じる。
半年前のことも3日前のことに思う。
なのになぜか、週1回の英会話のレッスンで必ず聞かれる『週末は何をして過ごしましたか?』の質問には答えられない・・・

昨日のうちに成田空港から入国した中国人技能技能実習生が今朝早く夜行バスで仙台に着いたので、私は迎えに行った。
今回、入国したのは、みんな地震で一時帰国した実習生たち。
地震があって、みんな帰って・・・そして少しだけ戻ってきた。
嬉しい半面、地震は、昨日のことではないんだなぁ・・・と少し変な気持ち。

私は入国後講習が途中だったひとりを花山の自然の家まで連れて行った。

10月1日に入国して講習を始めている他の実習生に朝ごはんで合流予定だったので、先に部屋に荷物を運びに行って、先々週にあったものがないことに気がついた。

先々週、なんじゃこりゃ?とおどろいたのは・・・

   IMG_5104.jpg
 
入国後はじめての休日に山を散歩して、拾ってきたらしいたくさんの栗。
ゆでないのか?と聞いたら、干して置いて1か月の講習終了後、企業配属まで取って置くのだと楽しそうに話していた。なんとなくその時点で予想はついていたが・・・

今朝はそれがきれいに片付いていたので、しまったのかと思って聞いてみた。
『栗は?・・・』 (クリという単語は理解できなかったようだ。)
『LIZI?』 すると、即座にがっかりした顔で口ぐちに『虫が!』(虫は覚えたらしい)
聞けば、ある時大量に虫が発生していたらしくみんなで山に捨てに行ったとか。

そりゃ、そうだ・・・実は私も18歳の頃、京都で寮生活をしていた頃、落ちているヤマモモの実をたくさん拾ってきて、寮に置いていたら、半日後、白いくねくねした虫がいっぱいでびっくりしたことがある。そこで覚えた。“落ちている木の実は虫がわく”

みんなガッカリしたからこそ、『虫』という単語おぼえられたのよね。

そういえば、私が『栗』は、『栗子』と覚えたのも、去年の花山。
朝の散歩途中で、実習生の男の子が拾って教えてくれた中国語。
実はまだ持っているけれど、虫はわいていない。

去年と同じ栗がテーマの秋の花山で、すっかり忘れていた22年前の記憶がよみがえって、だけど、私にとってはどれも古い懐かしい記憶とはなっていないのが不思議。

きっと、今、花山で講習中の実習生たちにとっても時間がたっても、心のどこかで覚えている素敵な楽しい出来事となるんじゃないかな。『虫』という単語とともに。






[2011/10/24 20:10] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
nekonata bontempo ( 時間の穴場 )

きのうの夕方、初めての街で、ふらりと立ち寄ったバーで、思いがけず素敵な時間を過ごしていた。

山手線の浜松町であった書類作成の実務者講習会に参加した帰り、駅に向かう途中、1度は通り過ぎたもののなんだか戻って入ってしまったバー。ビルの地下に続く階段の入り口に、ぽつんと白い看板がひとつ。名前と時間しか書いていないシンプルな看板。

お店の名前は  CAZIDZ BAR (カジツ バー)

階段を下りて扉を開けて、そーっと覗いて・・・よし!大丈夫!!

カウンターと卓席がいくつかのショットバー。

『飲みたい』というよりも、ひと休みしたかった私。
メニューを置いてないのが、気楽だった。

はじめの1杯

     IMG_5109.jpg

1口目を口にふくむとフワっとグレープフルーツのような甘酸っぱい香りがひろがった。
ギムレットと聞いたのに何故?2口目、やっぱりライムの香り。でもとっても優しい味。

私は度数の強いお酒をストレートで飲むのは好きだけど、ショートのお酒は強いだけの気がしていたのだが、これは違う。ギムレットって美味しいものだったんだ。

そうなると、ちょっとひと休みしたらすぐ出るつもりが、ついつい長居してしまった。

今日は、ほんとうに“ためになる”1日だった。
ラズベリーとライムが相性がよいこともわかったし、飲みなれてないシェリーもたくさん種類があって、実は私はとっても好きな味であることも教えてもらった。

店をでると、上司から連絡があったらしい。関東と三重をまわり3日間の出張終えた上司は一緒にご飯を食べて帰ろうと連絡をくれたらしいが・・・

しかし、店内圏外だったのだから、私のせいじゃない。

本当にお酒を楽しむ人が訪れる店のようで、カウンターで話をした素敵なおじさまがマッカランを飲みながら「お酒は刹那的なもの」とおっしゃっていたけれど、私もそう思った。

お酒の味も、空間も、気分も、一期一会。
お茶室には、時計も携帯も持ち込まない。
提供するもの全てに心を配る亭主とバーテンダーは同じに感じてきた。
席入りする客も亭主のもてなしをくみ取れるだけの配慮が必要。
そう思ったら、お茶室とバーは同じなのかも・・・と思えてきた。

またいつか機会を作って訪れたいお店です。

    IMG_5116.jpg














[2011/10/20 21:54] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
por beliĝi ( 美しくなるために )
今朝こっ早く、エスペラントの大会に参加してきた父が韓国から帰ってきた。

なんと今までの父からは想像もつかないが、私にお土産を買って来てくれた。

それがこれ・・・・

IMG_5094.jpg 


う~ん・・・どう見ても『かたつむり』

IMG_5097.jpg 

やっぱり、かたつむり。

いったい、誰が選んだのだろうか???
『流行っている』と言われたらしい。

確かに、大好きなTVショッピングではみたことがあるかも・・・
かたつむりの分泌物に美容成分があると・・・
私は行ったことはないけれど、エステの国、韓国で、美容のものを選んでくるなんて、父もなかなかお洒落だわ。・・・私がお願いしていたのは、成田空港の免税店の煙草だったのだが・・・

我が家にとって、かたつむりは、カメのおやつの位置づけ。
何度、眺めても、やっぱり、かたつむり。

連日の睡眠不足で、お肌ぼろぼろの私。

今日も仕事の終業時間ギリギリに、出先の上司から電話が着て、「悪いけど、明日、花山行って泊まってきて!」と。ここ数日、花山の自然の家で講習を担当しているO君からが体調不良で「僕、もうダメです。」と連絡が着ていたから、予想はしていたが、私だって、体調最悪。
秋口は身体が痛いうえ、風邪をひいて治らず、そこに寝不足だから、身体ボロボロ。
私も言いたい・・・「もう、ダメです。」

そうは言っても、自分が10代、20代の頃、体力と根性のない私が具合悪いとき、いつもかばってくれたのは、年上のお姉さんたち。今度は自分がふんばる番。
明日は、O君を病院に連れて行ったあと、代わりに日本語の授業。

昔、誰かが「女の化粧は戦闘服」と言っていたけれど、本当にそう思う。

くたびれてよれよれのお肌では、綺麗にファンデも乗らないから、ここはやっぱり、父の愛のこもった「かたつむりパワー」の力を借りよう。

・・・わりと敏感肌の私。効くか、負けるか、結構、カケなのです。
今日は試すの辞めたほうがいいのかな?ちょっとだけ塗ってみようかな?

だけど、ちょっぴり、かたつむり・・・と思うと気持ち悪い。
父ちゃん、ごめんね。

綺麗になれるなら、気持ち悪くてもなんでも、試してみるぞぉ!!!








[2011/10/12 22:16] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

Atomu37

Author:Atomu37
焦らず、サボらず、頑張らず♪
“今”だから出来ることを積み重ねよう!!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。