あとむのポケット
ポケットって便利。何気なく大切な物をしまったり、時にはごみ箱と化したり。たまに、いれっぱなしで忘れちゃうものも・・日々の小さな出来事もとりあえず、失くさないように、まずはポケットへ入れておこう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
nova kunloĝanto ( 新しい同居人 )
 年金暮らしの両親と、気ままな娘の地味ィな生活に新しく住居人が加わった。

きっかけは、これ・・・

       IMG_3378.jpg 

 
 そして、やってきたのが、彼ら・・・

       IMG_3366.jpg

 ネオンテトラって、昼間に逆行で撮影すると、光らないのかしら???

 アカヒレちゃんや、タニシちゃん達のスペースに無理やり仲間入りです。
お散歩しながら、衝動買いしてきたのは、もちろん私じゃありません。

「いっぱい居ると楽しいねぇ」と喜んでいるのは、母です。
しかし、その数日後・・・ある現実に直面。最近、生まれていたアカヒレちゃんの赤ちゃん達の姿が見えなくなりました。小さな世界での、生態系はシビアです。

 私からすると、アカヒレちゃんとタニシで平和が保たれていたのに、あの日、何故、安売りをしていたのか・・・ホーマックを恨みます。多分、通常通りの定価で販売していたなら、両親も興味もたなかったはず。絶対、ただの衝動買いだと思われます。

 ・・・とは言いつつ、居れば居たで、眺めていると可愛らしくも見えてきました。
ここに、エビも居たら、楽しいかも  

 子どもの頃、トンボをたくさん入れた虫籠に、チョウチョも一緒に入れて、あまりにも無残なチョウチョの姿に泣いた覚えがあるような・・・

 何事も混ぜこぜはいけません。




 
スポンサーサイト
[2010/09/21 23:35] | 我が家のペット | トラックバック(0) | コメント(0)
Familio da testudoj ( カメの家族 )

  我が家に居るのは、ヌマガメ科のアメリカハコガメ。

甲羅を閉じると、ほんとに箱に入っちゃってるみたいで、貝のようにも見える。

    アメリカハコガメ

春になってきたので、ようやくカメさん達をベランダに出して日向ぼっこ

なんだか、みんな、甲羅がガサガサ 

 体重測定の結果、パパカメのPikuは、激やせの感じも・・・だけど、元気そうだから、ま、いいっか。

    PIKU(パパ)

 ママカメのDikuは、久々に外に出たせいか、警戒してて、すぐに『シューッ』と鳴いて()甲羅に隠れてしまった。

    DIKU

 5,6年前に生まれた時には、1.5センチくらいだったちびちゃん達も、すっかり大人。自力で卵から出れなかった片方も、小さいながらも、大きな兄弟(姉妹)に負けずに成長

    IMG_2808.jpg  子ガメ

 しかし、今だにオス・メスの判別がつかない・・・卵を温める温度で性別が変わるはずで、温度からしたら、メスのはずだったが、どうも、両方のような感じもしている。

 カメさん達は、わりとアクティブで力持ち。

少々の高さは、登っちゃうし、蓋も持ち上げてしまう。1メートルくらいなら、ダイビングもへっちゃら。部屋で、脱走した時は、隅っこや物の影を探せばいいが、ベランダで脱走して、階下の人の頭にでも当たったら、それこそ、危険な凶器。

 だから、蓋に重りは絶対必要 とくに、Pikuパパには、要注意。油断すると、すぐに、Dikuママのところや、以前、こともあろうか、オスメスの判別すらつかない子どものところへ侵入して、くっついちゃってたことも あの時は、私は、ものすごーくショックで、しばらくPikuが嫌いになった。

    IMG_2811.jpg

 問題は、今年の交尾をいつにするか?・・・今、私自身、様々な悩みや不安を抱えているが、まず、一番の重要事項は、コレだ

 

[2010/03/23 23:29] | 我が家のペット | トラックバック(0) | コメント(0)
La domo da testudoj ( カメさん達の家 )

 今日の予定では、“晴れ”たら、カメさん達の日向ぼっこだった。

そして、天気は、晴れ ・・・『カメマンション』のケースの穴ぼこの隙間から、ちょっと覗いてみたら、なんだか汚かった。・・・そうじが必要。・・・肩が痛い。・・・今日は、止めておこう

 カメマンション

せっかく晴れていたのに、外に出してもらえなかった可哀そうなカメさん達でした。

 家のカメさん達は、本来、冬眠の必要な北半球のアメリカハコガメ。繁殖させるなら、冬眠は必要かとも思うが、暖かい我が家では、中途半端な冬眠は、逆に体力を消耗さけるため、冬眠はさせない。

 冬眠も日光浴もさせてあげてないのに、家族の反対をよそに、今年も繁殖を試みようと企んでいる私。

 カメさん達のために、頑張って働かなくては・・・今日も心に誓う私。

[2010/03/19 23:24] | 我が家のペット | トラックバック(0) | コメント(0)
novaj amikoj ( 新しいお友達 )

 先日、我が家のタニシちゃん達の水槽に、新しい住人が増えました

 『アカヒレ』ちゃん達 5匹 です。

 IMG_2758.jpg

 タニシちゃん達の赤と、アカヒレちゃん達のヒレの色がお揃いだから、きっと仲良しになれるはず

 ばぁばにおねだりして、もらって来たのは、母。持って帰ってくるのに、私の乱暴な運転の助手席で、バケツを大事に膝の上に乗せて、水をこぼさないように死守していたのも母。

 当初、私がばぁばに、この魚の名前を聞いたところ、即座に『めだか』と教えられたのですが、もともとの飼い主の叔母に確認したところ、『アカヒレ』と判明。東南アジア産とのこと。

 しかし、我が家に来れば、やっぱり、『めだかちゃん』とされてしまうのでしょうね。

タニシちゃん達にしたって、いくら違う正式名称があろうとも、見た目はどうしたってタニシ・・・

 もし、明日、晴れたら、そろそろカメちゃん達を日光浴させてあげよう

晴れるといいなぁ・・・

 

 

  

 

 

[2010/03/18 22:33] | 我が家のペット | トラックバック(0) | コメント(0)
Mondo en la akvario
本日のお題は、『水槽の中の世界』

早くも、年明け出勤3日目にして、なんだかくたびれてしまった私。
 仕事帰りに、家の近所に開業している高校の後輩の接骨院に行き、カチコチの冷え冷えになってた身体を伸び伸びのポカポカにしてもらい、半分眠たくなって帰ってきました。

夕飯を食べながら、最近、窓際からリビングのカウンターへと場所を移した小さい水槽に目をやると…
何だか、こいつら“また”増えてきているような
 こいつらとは、我が家で子孫繁栄し続けているインドヒラマキガイのこと。

インドヒラマキガイ

 数年前に、母が叔母から3匹くらいもらっってきたのが、始まり。カンパリのような色できれいなのですが、形はどうみてもタニシ。家では“タニシちゃん達”と呼んでます。このタニシちゃん達の繁殖力は凄まじく、少子化問題なんて全くもって関係なさそう。数ミリの大きさの赤ちゃんタニシが、2センチ程度になると、だんだん表面から白っぽくなって、寿命を全うするらしいけど、1匹1匹がどの位の期間生きているのかは、私にはわからない。けど、私が、ご飯食べる前と後では、水槽の中の光景が変わっているし、たまに、わりとスピーディな動きも見せてくれるので、ちゃんと、活動して生きているようです。
 たまに、こうして眺めていると、こいつらの一生の長さも、人間の一生の長さも、物質的な基準を用いなければ、感覚的には一緒なんじゃないかとさえ、思えてきます。

 こんな“癒し”の時間を与えてくれるタニシちゃん達に、以前、私はひどいことをしました。
『塩を入れると、色がきれいになる』とネットで見て、うきうきと、実行したら、小分けにして飼ってたうちの一瓶まるごと全滅。タニシちゃん達からしたら、大迷惑なことだったみたいです。
[2010/01/08 00:40] | 我が家のペット | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
プロフィール

Atomu37

Author:Atomu37
焦らず、サボらず、頑張らず♪
“今”だから出来ることを積み重ねよう!!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。